大富豪の幼い子供が教えてくれた本当の豊かさ

      2016/03/10


rich

ある大富豪が幼い息子を連れてアフリカに旅行に出かけました。

その大富豪の目的は如何に自分達が恵まれた生活をしているのかということを息子に体感してもらうこと。

広い土地で動物を追いかける部族、屋根もない場所で部族全員で食事をする人々など様々な生活を大富豪と息子は目の当たりにしました。

 

旅を終えて、大富豪は息子に質問しました。

「彼らの生活はどうだった?そして私たちの生活についてどう思った?」

大富豪は幼い息子の回答に驚愕しました。

 

「パパ、どうして僕らはこんなにも窮屈な生活をしているの?あの人たちが羨ましいよ。」

 

大富豪が住んでいる豪邸にはとても広い庭があります。

しかし、いくら広いと言っても、アフリカの広大な大地に比べると広くはない。

 

大富豪のお屋敷にはとても大きな食事用の部屋があります。

しかし、そこで食事をするのは大富豪と妻と息子の3人だけ。

曇った空ではとく星空も見えないし、歌など勿論ない。

 

幼い息子の目には、

アフリカの人々は自分達よりも広い大地を駆け回り、

満点の星空を眺めながら大人数で歌い、

笑いながら食事する姿がとても素晴らしくまた羨ましく映ったのです。

 

この息子が10年後どういった解釈をするのかはわかりません。

しかし、この時の幼い息子は父親とは違う視点で物事をとらえていました。

 

その視点とは「仕切り」です。

 

父親は「自分の持ち物」という範囲で仕切って捉えています。

その仕切りの範囲で言うとアフリカの人たちの「持ち物」は自分たちよりも少なくて貧しい。

父親はそういう視点で捉えたようです。

この時の息子の視点はそうではなかった。

 

皆さんはいかがでしょうか?

昔持っていたこの息子の「感覚」今も持っていますか???

 

本当の豊かさとは仕切りの範囲を拡げることではなく、仕切り自体を無くしていくことかもしれませんね。

 

 

Don’t be rich!Live rich!!!

 

 

読んで頂きましてありがとうございました。

 

内藤 大悟

 

 

【仕切りのない見方にはちょっとしたコツがあります☆ご興味ある方は是非☆】

Zen Money 「お金」の「悟り」の開き方


 - 本当の豊かさ

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です