ラオスで「象使い」の免許取ったら人生また面白く豊かになった!無駄だと決めつけていることに豊かさは転がっている

      2016/07/01


どうも、株式会社夢峰 代表取締役 内藤大悟です。

この度、新たな肩書きが増えました!

象使い 内藤大悟

 

何だそれ?と思ったあなた!

ラオスのルアンパバーンという町で「象使い」免許が取得が出来るんですよ。

今回アジアセッションツアーの合間に取得しにいってきました!

「象使い」聞いただけワクワクする響きだぜ!

一体どんなことをするんだろう?

それはさておき、象使いってどんなイメージでしょうか?

o0800106710879468234※集英社発行JC  魁!!男塾 14巻より引用。
引用したの画像の著作権は宮下あきら氏に帰属します。著作権法32条(引用)に則って掲示させて頂いております。

 

これは怖すぎる(ToT)

実際はこんな感じ↓↓↓

僕と象(22歳の乙女な象さん以下「象子」)

IMG_20160620_143955-768x1024

実際に象の背中に跨って森を散歩してわかった3つのこと

①めっちゃインナーマッスルが鍛えられる!

象の背中は不安定です。

普段使わない筋肉使うので、体幹が凄く鍛えられます。

今も腹筋の下あたり、足の付け根の奥らへん(どこやねん)が筋肉痛凄いです。

②象が下り道を進んでる時、めちゃくちゃ怖い。

象子が下を向くと本当に頭から落ちそうになります。

何とか象子の皮膚を掴んで落ちないようにします。

恐怖で使ったことない筋肉に超力入ります。

③めっちゃ寄り道するし、草木食べるし、とにかくう○ちする。

象子はすぐに寄り道します。

若いから遊びたい盛りみたいでした。

変な道入りたがるので、象子的にはOKでも上に乗ってる僕には枝やら木の実やらがバシバシ当たります。

象子は器用に鼻を使って木や草を上手に食べます。

食べまくります。

食べながらう○ちします。

ドッチボール位のを5、6個落とします。

でもね、草木や木の実しか食べていないので全然臭くありません。

 

象と川で水浴びはあぶない!何故なら!?○○○だらけ

象子と森の散歩が終わると次はメコン川で水浴びです。

象語を教えてもらっていざ出発!

象使いが使う代表的な象語は

進め!=パイ!

止まれ!=ハウ!

今してることをやめろ!=ヤヤ!
(僕はこれをめっちゃ使いました。象子すぐに変なことやりたがるので)

水を噴射しろ!=ボンボン!
(どういうシュチュエーションで使うねんと思いましたが、後でわかりました。)

象語一覧↓↓↓
IMG_20160620_145040-1024x768

メコン川に行くために象子に乗ったまま階段を降ります。

これが死ぬほど怖かった!どんなジェットコースターよりも。

落ちる落ちる!もうね角度がおかしい!

しかも、象子は階段下りながら草食べたりして急に向きを変えるからほんまもう(@_@;)

「ヤヤ!(今してることをやめて!)ヤヤ!ヤヤ!

ヤヤーーーーーーーーー!!!

 

 

いよいよ象子に跨ったままいっしょに水浴びです。

これが楽しみやってん!

と浮かれたのもつかの間、メコン川に入った瞬間に緑色のドッチボールがゴロゴロ浮いてる!

さては象子、気持ちよくなって嬉しくてまたう○ちしたな!

ついさっきしたばっかやん。。。

で、ここからはひたすら象子とロデオ!

ガイドのお兄さんが象子に指示を出して、上に跨ってる僕を落とそうとします。

どうやって?

象子のありとあらゆる動きで!

象子が急に立ち上がって凄い勢いで首降ります。

僕はう○ちがプカプカ浮いてる川にドボーン!

お兄さん爆笑。

また象子に跨ると次は急に横になります。

僕はまたドボーン!

お兄さん爆笑。

そして「鼻から水を噴射しろ!=ボンボン!」

これをお兄さんが言うと。

背中に乗ってる僕に象子が鼻から水を噴射します。

直撃してドボーン!お兄さん爆笑。

このくだりを30分やって、もうクタクタです。

象子のう○ちは最終的に20個くらい浮いてました。

それでも何とも思わない自分がそこにはいました。

 

川をあがって、象子に跨って「ポイ!(進め!)」「ヤヤ!(今やってることをやめろ!)」「ポイ!(進め!)」と象語で指示を出すとちょっと聴いてくれるようになってました。

僕なりにつかんだコツは象子を最初から指示して従わせようとするのではなくて、寄り道でもつまみ食いでも象子のしたいようにして貰ってタイミングを見て指示を出すと結構素直にこっちの思いを聞いてくれます。

たまたまかもしれないし、でも象子と関係がほんの少し築けたように感じて無性に嬉しかったです。

ありがとう象子。

 

これでプログラムは修了したので晴れて「象使い」のライセンスが発行されます。

ジャジャーン!

IMG_20160620_203616-768x576

 

無駄だと決めつけていることに「豊かさ」は転がっている

今回旅の途中で「象使い」のことを知って、「象使い」という響きに惹かれてアジアセッションツアーの合間を縫って免許を取得してきました。

きっと出発する前の日本にいた自分なら「象使い」に興味もなかったし絶対に免許も取らなかったでしょう。

何故か?

人生を効率よく、合理的にカッコよく無駄を減らそうと考えていたからです。

でもね、そんなことばかりしていたので、自分でも気付かない間にナーバスになってどんどん人生が詰まっていくような窮屈感もどこかで感じてたんですよ。

月並みな言葉ですが、旅に出るとそんなリミッターは簡単に外れます。

旅では、減らすのは手荷物だけで十分です。

身軽になって、普段やらないことを自由にする!

 

以前の僕は象が好きか?と言われれば別に好きでも嫌いでもありませんでした。

今は「大好きだ!」と答えます。(露店で象のノート買っちゃうほどに)

IMG_20160621_165654-600x800

象のう○ちだらけの川に落ちるなんて考えられなかったでしょう(笑)

単純な話、アジアセッションに出る前と今では、今の自分の方が豊かで好きです。

 

パイ!(進め!)

 

 

読んで頂いてありがとうございました。

象使い 内藤大悟

 

========================================

ご要望頂いてこの度、初企画★

「アジアをセッションして周ったらこんな面白い人や出会いや気付きがあったよ!
あなたのそういえば!も聴かせて!」
ランチ会のお知らせ☆

IMG_20160620_143955-768x1024

詳しくはこちら↓↓↓

ご要望につき初ランチ会!「アジアをセッションして周ったらこんな面白い人や出会いや気付きがあったよ! あなたのそういえば!も聴かせて!」 ランチ会のお知らせ☆


 - アジアセッションツアー, , 本当の豊かさ, 象使い

 

この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます

Comment

  1. 山本建太 より:

    めっちゃめっちゃ面白い!
    元気もらいました!!
    ブログ書いてくれて&シェアしてくれてありがとうございます!!!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です